FC2ブログ

ありがとう、場面緘黙症。

元場面緘黙症の社会人。たまに過去を振り返りながら、現在の生活を綴っています。

ストレスの循環  

新しい職場に勤務し始めて2週間目。
雰囲気にはそこそこ慣れてきました。
未経験職種なので覚えることは沢山ありますが、
いちど理解してしまえばそんなに難しくない仕事だと思います。

困っていることと言えば、
仕事を教わっている人と意思疎通がうまく取れないこと。
私のコミュニケーション不足もあるのですが、
それにしたって社内の評判もあまりよろしくない人です。
「前の派遣さんはあの人が原因で辞めちゃってさ~」
と面接で暴露されたくらいなので;
ある程度は覚悟して入ったものの、正直つらいです!

今度こそ長く続けたいから、
そのためにはストレス耐性を高める必要があると考えて、
最近はストレスについて調べていました。

目を引き寄せられたのが、
「ストレスに弱い人はストレスを避ける。
ストレスに強い人は積極的に関わって、ストレスを解決する方向で動く。」
という文でした。

読んだ当初は、ストレス源に自分から関わりに行くなんて正気の沙汰じゃない!
と拒絶反応が起きましたが、本当にそうだな…と気付いたのです。

嫌だなーと感じてストレス源になる人は、上手く噛み合わない人。
避け続けていればずっとそのまま。
たくさん関って、その人の癖を知って、扱い方を身に付ける。
それがストレスを軽減する近道なのでは?とひらめきました!

私は今まで、ストレスに遭遇したら逃避していました。
避けていれば当然、ストレス耐性は身につかないどころか、下がっていきますよね。
なのでいざストレッサーに直面した時に、
気持ちを切り替えたり発散させたりという上手な対処ができません。
その結果、仕事がひどく憂鬱になる・体調を崩す、
ストレスが重いことを言い訳にやるべきことに手を付けられなくなるなど…。
色々な弊害が起こります。
そういったダメージを受けたくないという思いから、
ストレスを直視するのが怖くなり、ストレスを認識しようとしない。
つまりストレスから逃げる、と振り出しに戻るわけです。

ストレス循環

今後、このパターンを変えていけたら…と思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tzn2.blog.fc2.com/tb.php/561-68244d89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード