我慢の限界に近い

2018/02/05
今日はパートのおばさんにキレる寸前まで行きました。
利用者さんの飲み物、
ほとんどの人はお茶なのですが、
お湯希望の人がいまして…。
おばさんがお茶を入れてたから、

「すみません、その人はお湯でお願いします」

と言うと、

「はーい、すみませーん。失礼しましたぁ~!!」

と怒り口調で言われ、
洗い物をしている横からお茶をザバーンと投げ捨てられ…。
あまりの態度の悪さに唖然としました。
そんな逆ギレされるような言い方してないんですけど。

普段からこのおばさんは言動が酷くて我慢の連続ですが、
今日ばかりはこっちも怒りそうになりました。
他の利用者さんのトラブルもあり、
怒る時間ももったいなくて飲み込む結果になりました…。
でも、次はないかなと思ってます。
抵抗しないから、向こうのターゲットになってる面もあるし。

職場だと、
どこから怒っていいのか、
どういう風に怒っていいのか、
プライベート以上に分からなくなります。

それでも、自己主張しないとこんな風に不快な思いをし続けることになる。
職場だからこそ、
ストレスを必要以上に溜めず働いていくために、
嫌なことは嫌と伝えられるようにならなければ、
就業が困難になっていくと思います…。

あのおばさんに言ったら、
向こうは余裕のない人だか受け入れられずヒステリー起こすだろうな。
でも、それを怖がって言わないから舐められるっていうのもある。
最初は失敗してもいいから、
嫌な思いをしたら、不快だって感情をちゃんと出していかなきゃ。

おばさんと一緒のシフトは、辞めるまであと1日。
平和に終われるのかしら…。
今の私の心境としては、キレて辞めるのもアリっちゃアリ。
みんな自分のやり方で好き勝手してる職場だから。
どうするにしても、スッキリするやり方でお別れしたいものです。
スポンサーサイト
comment (0) @ 仕事
最後の出勤日 | 繊細さ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する