繊細さ

2018/02/02
どうも現場責任者が、
私の退職を「自分のせいなんじゃないか」と気にしたらしく…。

「自分の態度や物言いで、
傷つけてしまったのではないか」
と思い込んでしまっていると先輩から話があり
誤解を解くために改めて話しました^^;

本当に本当に、
責任者の方の言動に傷つくことなんて一つもなくて、
むしろ「こんなに良い人いない!」くらいに思ってました。

でも、それくらい良い人だから、
気にしてしまったのでしょうね…。

先輩曰く、小心者で繊細な人、
ということなので自分に似たものを感じます。

子どもの頃、繊細すぎて弱いと責められることが多かったです。
自分が嫌いでした。

正直、責任者の受け取り方が思いもよらずビックリはしたけれど、
そんな繊細な面も含めて、
やっぱり好きだなぁと思うし、尊敬できる人です。

そう思うと同時に、
自分の繊細さも受け入れられるようになってきた気がします。
別に悪いことじゃないんだな、と。
人と関わっていると色々ありますが、
その色々の中で学びだとか気付きがあって、
他人とだけじゃなく、自己との付き合い方も上手くなっていけるのかなと思います。

それにしても、気にしなくて大丈夫な人はめっちゃ気にするのに、
ちょっとくらい気にして欲しい人は全然気にしてくれません^^;

スポンサーサイト
comment (0) @ 仕事
我慢の限界に近い | 1月に読んだ本のまとめ

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する