嫌な面接でも平気

2017/12/15
今日は面接に行ってきました。
でも、もし採用されても入社はないですね。残念ながら。

昨日、最後の準備として会社情報を調べ直していたら、
かなり酷いタイプのパワハラがあるとの悪評を見つけました。
ネットだし、どんな人が書き込んでいるかも分からないけど、
実名なども出されて内容が具体的でした。
それでも、自分の目で確かめることが大事!と考えて面接に臨みました。

実際に社長と会ってみると、
パワハラの片鱗が見えて、どんな人がすぐに分かった感じです^^;
ネットの情報って信憑性に欠ける面もあるけど、
火のない所に煙は立たなぬという諺も一理あるんですよね。
気にしすぎはダメだけど、
調べた上で、自分の目で見たものとを照らし合わせることが大事。
結果はダメでも、いい経験ができたと思います。

就職活動を始める前は、
圧迫面接などに自分が耐えられるか不安でした。
でも、案外平気でした!
そりゃ不快だし疲れますけどね!
何か言われても、その人がそう思ってるだけだーって、
受け流してしまえばいいんですよね。

自分にとって本当に大切な人たちが、自分の良さを分かってくれている。
だから知らない人に何か言われたって、
自己肯定感を保っていられます。

あと少し変わった話を。
今日、会社に入るとき玄関で盛大に転びました。
段差に気付かなかったのですが、
普段の自分では考えられないような失態です。

それを今日の面接のことと一緒に母にメールで話すと、
「神様がそこはやめなさいと言ってるのだ!」
と返信が来ました。

ああ、確かにその通りかも!と思いました。

実は母が、高校生に似たような体験をしているんです。
パン屋さんに入ろうとしたら、何かに引っ掛かって思いっきり転んだんですね。
不思議に思いながらもパンを選んで、
いざお会計!という時に財布を開けると、お金がないんです。
その頃は通っていた学校が荒れていて、
お金が盗まれる事件がよくあったんですね。母、被害に遭ってしまいました。
あれは「お店に入るのをやめなさい」ってことだったんだなぁ~と、
母が話してくれたのを思い出しました。

それにしても膝が痛い。
見たら擦りむいて軽く痣になってるわ…。
悪いことがあったら、今度はきっといいことがあるさ!
腐らずに頑張ろう。

スポンサーサイト
comment (0) @ 就活
自分も面接官 | 心の強さがほしい

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する