小さなものから伝わる

2017/10/23
地元を離れて一週間が経ちました。
案外まだホームシックにはなっていないです。

引っ越し初日は母が手伝いに来ていて、
その時買ってきてくれたトイレットペーパーがあります。
普段は自分では買わないような、可愛らしい花柄のものです。

この花柄のトイレットペーパー、母にとっては特別な意味を持っています。
可愛がっていた職場の高校生バイトの子が辞める時、
「お世話になりました」とくれたものでした。
「このトイレットペーパーを見るたびにあの子のこと思い出す」と言っていました。

そして、トイレの便座カバー。
これもトイレットペーパーと一緒に、母が近くのスーパーで買ってきてくれました。
母が地元に帰ってからそのスーパーの売り場を見てみたら、
ピンクとグリーンがあったんですよね。
私、最近はグリーンがすごく好きで、小物とか服でよく選んでいました。
そういうところ、見てくれていたんだなぁ…。

新しい部屋でひとりの生活が始まったけれど、
母が用意してくれた物ひとつ一つから、愛情を感じています。

恥ずかしいことに、今ブログを書きながら泣いているのですが…。
寂しいとかではなくて、感謝の涙なんですよね。
店長がお別れの時に何故泣いたのか、少し分かった気がします。

こんなに応援してもらって、
上手くいかなかったらどうしようと不安がよぎる時もあります。
でも、やれるだけのことをやってもいないのに、
こんな風にくよくよしてちゃいけませんね!

母はずっと実家暮らし→結婚だったので、
「一度くらい一人暮らししてみたかった~自由で楽しいでしょ」
と言っていました。
お母さんの分まで楽しめるように頑張ろう!
スポンサーサイト
comment (0) @ 日記
落ち着いてきました | 親心

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する