9月に読んだ本

2017/10/01
読書メーター9月に読んだ本のまとめです。

9月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1038
ナイス数:15

旅猫リポート (講談社文庫)旅猫リポート (講談社文庫)感想
猫好きの母に勧められて読んだ本。悟が高校生の時、会いに行く直前でハチが死んでしまったところ…すごく苦しかった。会いたくて会いたくて頑張って、やっと行ける準備が整った時に訃報が届く…全く同じ経験があるから、自分と重ねあわせて読んでしまった。悟は、きっと最期にナナのことを待っていてあげたんだね。
読了日:09月30日 著者:有川 浩
東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN (ファンタジア文庫)東京レイヴンズ15 ShamaniC DawN (ファンタジア文庫)感想
新キャラの相馬佐月がいい。相馬家当主としての苦悩とか、護法式の一体が消滅(?)させられたときの怒りとか。終盤の夜光もびっくりの決断をする場面で一気に好きになった。それにしても、佐月の飛車丸のからかい方、冬児が夏目をからかう時にそっくりでは…。
読了日:09月30日 著者:あざの 耕平
ティファニーで朝食を (新潮文庫)ティファニーで朝食を (新潮文庫)感想
『ダイヤモンドのギター』が好き。ミスター・シェーファーが切ない。カポーティは様々な友情を描くのが上手だと感じた。
読了日:09月30日 著者:トルーマン カポーティ

読書メーター


うーん…今月もあまり読めませんでした。
『ティファニーで朝食を』があまり肌に合わなかったかも…。
ちょっと読み進めるのに時間がかかってしまいました。
一緒に収録されている他の短編の方が、個人的には好きなお話です。

『東京レイヴンズ』が約2年待った本編新刊だったので、
発売が決まった時すごく嬉しかったんですよねぇ~。
ネット通販で買って、届いた日が習い事の送別会の日。
その夜は胸がいっぱいで本なんか読んでも頭に入って来ず^^;
次の日に一気に読みましたが、やっぱり面白いです!
あざのさんが創り出すキャラって、
本当に絶妙なバランスで魅力に溢れてます!

旅猫リポートは母の熱い勧めで読みました。
やっぱりね、何だかんだでこういうお話にも感動するんですよ。
家族に影響されて猫大好きになっちゃったし。
だけど、素直に感動できないのが私の悪いところ…。
人の死を介して感動したり涙するより、
人が生きることによって胸を打たれる話の方が、
私は好きだなぁ…と、改めて思いました。
(どっちが素晴らしいとかではなく、単なる好みの問題です。)

それでも、色々な本に触れるのって楽しいし、大事だと思うんですよね。
今月は引っ越しなどあって慌ただしいのですが、
頑張って3冊は必ず読むのが目標です!
スポンサーサイト
comment (0) @ 読書
最後の勤務 | 満たされている

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する