ありがとう、場面緘黙症。

元場面緘黙症の25歳。たまに過去を振り返りながら、現在の生活を綴っています。

2017.08.29.Tue

夏休みの宿題ができてないなら死ぬしかない!?

8月も終わりますね。
北海道はもう学校が始まっていますが、
本州は9月からが新学期のところが多いのでしょうか。

ヤフーニュースでは、
「9月1日は子どもの自殺が特別多い」
と話題に挙げていました。

今だから話せることですが、
私は中学1年生の夏休み最終日、自殺を計りました。

理由はなぜか?
宿題が終わらなかったからです。

宿題は各教科ごとに出されていて、
ほとんどの科目の宿題は最初の方で終わらせられていたんです。
ただ、社会の宿題が『新聞スクラップを毎日すること』でした。

その時期の私は、クラスでも部活でも孤立し、
かなり情緒不安定になっていました。
毎日のように泣いていたし、
自傷行為で腕も足もボロボロ、
家では自分で自分の頭を殴ったり壁にぶつけたり。

そんな精神的状況では、
社会問題に目を向け、他人を慮って、お利口さんな意見を述べる…
…とても出来ませんでした。

毎日やらなければいけない新聞スクラップは、
未記録の日が積み重なり、とうとう夏休み最終日。

「なんとかして今日で終わらせよう」
と思っても、頭も体もちっとも動きませんでした。

宿題をやり切るのはもう無理、でもできなかったら…?

『大人しい、無口、真面目、勉強はできる』

クラスメートの私に対するイメージに反する結果を出したら、
あの子たちはどんな反応をするだろう?
宿題をできなかったことなんてない、どう謝ったら許してもらえる?
そもそも喋れない自分はちゃんと説明して謝ることはできない。
宿題をできないなんてダメな人間…。
宿題をできなくて死ぬなんて、自分はとんだ落ちこぼれだ。

当時、姉が使わなくなった睡眠薬が台所に残っていました。
何食わぬ顔で自分の部屋へ持ち去り、全部飲み干しました。

飲んだ量が少なかったのでしょうね。
数時間後に一人で目覚め、
それから3~4日は吐き気に苦しんだだけでした。
誰にも気づかれず、私の自殺計画は破綻しました。


「夏休みの宿題くらいで死ぬのか、馬鹿じゃないの?
真面目にやらなかったんだから自業自得でしょ?」
と思う人もいるかもしれません。

でも、自分が経験したから分かるんですけど、
それで「死ななきゃいけない」と思うのは、
すごく追いつめられているってことなんですよね。

だから宿題をできなかった自分を恥じなくたっていい。
本当に真面目で、かんぺき主義だから、
「失敗を人前に晒すくらいなら死んだ方がいい!」
と思ってしまう。
思考・認知の歪みのせいだと思います。
鬱病になる人の、典型的な思考回路なんですよね。
この歪みを直すのが、
その人の「今」にとっては一番の課題ではないかと思います。

宿題なんかできなくたっていいんです。
怒られるし、ペナルティがあるかもしれないし、誰かに失望されるかもしれません。
それが嫌だから死にたいのかもしれません。

でも、誰かに失望されるのを恐れて生きているのなら、
そこに自由はありません。心が休まらないと思います。
自分を主体にしてこそ楽しい人生です。

「宿題ができていない、もう死ぬしかない!」
と思っている人…どうか命を捨てないでください。
色んなことがある人生です、たくさん失敗していいんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tzn2.blog.fc2.com/tb.php/457-d0a26d59

 | HOME |