ありがとう、場面緘黙症。

01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03

このページの記事一覧

今だから思える 

今日は友達と会う約束の日でした。
小中学校の同級生で、
当時はちょっと一緒に遊んだことがあるくらいで、
友達までにはなれなかった子です。
今年の冬に再会して、改めて親交を深めることができました。

朝目が覚めて、布団の中でうずくまっていると、
この前会った時のことを思い出しました。

帰りは友達のお母さんと合流し、
家まで送って頂いたのですが…。

その時に友達が、
「香奈ちゃんの家、どの辺りかまだ覚えているんだよー。
よくプリントとか届けに行ったなぁ…。」
と話してくれまして^^;

向こうは全然悪い気持ちはなかったというか、
何でもない昔話のつもりだったとは思うのですが、
申し訳ないやら過去の自分を思い出して恥ずかしいやらで…;

あの頃は本当に尖っていました。
クラスメイトが届けに来てくれても、

「自分はもう何があっても学校には行かない。
向こうも別に友達って程じゃなかったし、
影で悪口言ったり、迷惑がっているなら、
こんなことやめればいいのに。」

なんて思っていました。
感謝を知らなかったあの頃の自分を恥ずかしく思っています。

たとえ気分による行動だったとしても、
プリントを届けに来てくれるような子たちがいた私は、
幸せ者だったのかもしれないなぁと今では思えます。

スポンサーサイト

カテゴリ: 緘黙

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tzn2.blog.fc2.com/tb.php/443-b16fb2a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)