2月に読んだ本

2017/03/01
こんばんは。
今週はいよいよ初めての面接に行ってきました。
結果はどうか分からないけど、
まず一歩踏み出せた自分は認めてあげたいと思います。

さて、2月に読んだ本のまとめです。
仕事が忙しかったし、
応募書類作ったり面接対策したりであまり読めませんでした(涙)

2月の読書メーター読んだ本の数:4読んだページ数:1303ナイス数:44悪霊 (上巻) (新潮文庫)悪霊 (上巻) (新潮文庫)感想3カ月かけて読んだ。語り部はGと呼ばれる人物。最初はワルワーラ夫人とステパン氏を中心に物語は進み、スタヴローギンとピョートルが帰郷してくる。ワルワーラ夫人の「一生に一度くらいは掃除をなさいな!」「一日に15へんも掃除をすればいい」は現代でも使える名言だと思う。読了日:02月25日 著者:ドストエフスキー
教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)教養バカ わかりやすく説明できる人だけが生き残る (SB新書)感想分かりやすい説明は、相手の頭の中に絵を浮かばせられる。どの順番で話せば絵を描きやすいかを考えて話すことが大事。読了日:02月23日 著者:竹内 薫
きょうだいコンプレックス (幻冬舎新書)きょうだいコンプレックス (幻冬舎新書)感想子に対する親の態度がきょうだい関係に影響する流れを、有名人・一般人の事例を取り上げながら解説している。きょうだいに対するコンプレックスの解消法は特に紹介されていない。私は中間子なので不遇感に共感する部分もあり、少し読むのが辛いところもあった。もし子供を産むことがあったら、たとえ手をかけられない時期があったとしても、平等に肯定して、共感して育ててあげたいと思う。同じ重荷は背負わせたくない…のびのびと子供らしい幼少期を過ごさせてあげたいから。読了日:02月14日 著者:岡田 尊司
自分の時間 (単行本)自分の時間 (単行本)感想週3日、朝の30分・夜の90分を内省や研究ために使おう。この本では、分刻みのスケジュールを推奨したりはしていない。時間に対してゆったりと構えながらも、自分の思考や知性を磨く時間を作りなさいと教えてくれている。読了日:02月14日 著者:アーノルド ベネット
読書メーター
スポンサーサイト
comment (0) @ 読書
悔しいけど | 大事にされない子?

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する