緘黙克服までの道のり3~バイトの面接を受けるが、落ちる~

2016/08/10
中学校を卒業できる日が待ち遠しくて、指折り数えていました。
私にとって中学校とは、劣等生のレッテルを貼られ、
自己を押さえつけられている場所でしかなかったから。
早く自由になりたかった。

晴れて高校生になると、早速バイト探しです。
話せるようになるためにも、
人に慣れた方が良いと考え、接客系を志望していました。

最初に選んだのはファミレスのホールです。
高校受験は書類選考と作文だったので、面接は初めてでした。
この時は本当に声が小さくて、暗い印象だったと思います。
店長さんに、「友達できた?」と2回も聞かれました。
1回目は緊張をほぐすための雑談のようでしたが、
2回目は「そんなに大人しくて友達できた?」と聞かれているように感じました。
そもそもスクーリング前なので、高校の人達とはまだ対面していないんです。
そういう事情も説明できず、かなり悔しかったのを覚えています。屈辱でした。
「採用の場合は連絡します」と言われ、帰りました。
当然連絡は来ませんでした。

2件目の応募先は、ケーキ屋さんの販売でした。
女の子ばかりなので働きやすそうだと思ったからです。
面接に行くと、前の人がまだ面接中でした。
時間を聞き間違えて早く行ってしまったのだったかも;
この頃は自分から話すタイミングを掴めずにいて、
確認しそびれてしまうことが多かったです。

「座ってお待ちください」と言われるも、
本当に座ってよいか迷って立っていました。
工房みたいな所で、別のスタッフさんが仕事をしにやってきて、
「座って座って!」と強く勧められ、ようやく腰掛けました。
最初に案内してくれた女の子が入ってくると、
「ずっと立っていたんだよー。可哀想に」と言われていて、
私のせいで責められてしまって申し訳ないと思いました。

面接では、「将来の夢は何ですか?」と聞かれ、
全然決まっていなかったのもあって黙り込んでしまいました。
撃沈した面接でした。帰りに泣きました。
律儀なオーナーさんだったので、
「申し訳ないけど不採用です」と電話が来ました。

高校1年生の4~5月はこんな感じでした。
面接でのあまりのダメさに自信を無くしたし、しんどかったですね。
6月にスクーリングがあるので、バイト探しは一旦お休みになりました。

スポンサーサイト
comment (4) @ 緘黙克服記
生きることは苦しみ… | 緘黙克服までの道のり2~治療法がない!?~

comment

>>ひーくんさん : 香奈 @-
コメントありがとうございます(*^ー^)
迫害されてたんですか…!「ただただよかったと思った」…本当にそんな感じでした。
あんなにダメだったのに、今では真逆の評価をされるようになったので、
人間どうなるか分からないと驚いてます(笑)
ブログデザインは夏っぽくしてみました!
2016/08/11 Thu 21:50:02 URL
>>名無しさん : 香奈 @-
初めまして、コメントありがとうございます^^
はい、今は接客の仕事やってます。
最初はかなりしんどかったです!
2016/08/11 Thu 21:44:50 URL
: ひーくん @-
自分も中学の時は周りから迫害されていたので早く高校生になりたいと願っていました。卒業の日は感動も何もなく、ただただよかったと思っていました。笑
面接は本当にしんどそうですね・・・それを克服できてるのがすごいと思います(^^)
サイトのデザイン変わりましたね!
2016/08/10 Wed 23:17:22 URL
: @-
はじめまして!
今は接客してるんですよね?
すごいと思います!
2016/08/10 Wed 21:53:24 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する