6月に読んだ本

2016/07/01
読書メーターの6月に読んだ本のまとめです。
ついに月10冊達成しました☆

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2011ページ
ナイス数:19ナイス

不良だった僕が福祉で働くワケ不良だった僕が福祉で働くワケ感想
中学時代に、見た目で判断されたり、レッテルや所属で人が人を区別することを知った。周りからそのように言われているうちに「俺って不良なんだな」と意識するようになった。これらの文章にすごく共感を覚えた。私は不良だったわけではない。むしろ、黙ってうつむいているタイプだった。「喋らない子」というレッテルに苦しめられていた。どんなものであれ、勝手に決めつけられ、人格を固定化されることは尊厳を踏みにじられている気がしてならない。
読了日:6月30日 著者:飯嶋進哉
マンガでわかる色のおもしろ心理学 青い車は事故が多い? 子供に見せるとよい色とは? (サイエンス・アイ新書)マンガでわかる色のおもしろ心理学 青い車は事故が多い? 子供に見せるとよい色とは? (サイエンス・アイ新書)感想
右ページの猿の漫画にフッと笑ってしまう。前に読んだ本で知っていた内容も多かったけど、色は視覚だけではなく、皮膚からも感じ取るものだということに驚いた。寝室の配色には気を遣いたいかも。好きな色による性格診断も面白い。私は緑好き。『緑が好きな人は、動くことよりも食べることが好き』。当たってる…。
読了日:6月29日 著者:ポーポー・ポロダクション
高齢者とのコミュニケーション―利用者とのかかわりを自らの力に変えていく高齢者とのコミュニケーション―利用者とのかかわりを自らの力に変えていく感想
前半部分はコミュニケーション全般にかかわる部分で、介護の仕事以外でも参考になりそう。後半はより介護施設に特化した人間関係の作り方に関して。スケープゴートの存在意義については、考えるのも嫌になることだけど避けては通れない道だとも思う。対応を示してくれたことが救いだった。その他では、利用者が望む周りとの距離感を尊重するということが、意外と難しそうだとも感じた。介護の仕事に興味を持ったため読んだが、介護職・支援職はあくまで利用者の黒子的立場。さりげなく支え、安心感を与えられる存在であることが必要だと知った。
読了日:6月29日 著者:野村豊子
桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)感想
ああ今時の高校生だなーと思って読んだ。それぞれ悩みがあって、表の顔と裏の顔がちょっと違ったりする。リア充とかオタクとか、見た目で線引きされていたとしても、悩みのレベルは大差ない。でも、自分を見る他人の目が凄く気になって悩んでしまうのが高校生だ。心情の描写にリアリティのある小説だった。涼也くんはクラスメートに劣等感を抱いているけど、こういう人が自分の持っているものを認められるようになったら強いと思う。
読了日:6月18日 著者:朝井リョウ
感情地図 ―心と身体を元気にする最高の方法感情地図 ―心と身体を元気にする最高の方法感想
病気は『魂・心・身体』の分離から起こるという話。特に、コアテーマと恐れを解決することが重要。身近な人を見ているとかなり当てはまっている気がする。楽観的な人は「人生は運で決まるのではなく、望みを実現することだと信じている」と言う文に、今までの自分のパターンがダメだった…病気を引き寄せる態度だったと気付いた。
読了日:6月15日 著者:キャロルライトバーガー
夢と睡眠の心理学―認知行動療法からのアプローチ夢と睡眠の心理学―認知行動療法からのアプローチ感想
夢を見るメカニズムについての解説本。夢野坂で現実世界の問題を整理し、対処法を見つけようとしている…と言うのが松田さんの考え。複数の心理学者の夢への解釈も取り上げられている。紹介されていたDMCT法、自分でできる範囲でやってみたいと思った。シャピロのEMDRはすごく簡単にできそうで、でもちゃんと筋が通った説明だから脳の機能って面白いなと思った。
読了日:6月11日 著者:松田英子
知って役立つ心理と色彩おもしろ事典―色が与える影響・効果から上手な色選びまで知って役立つ心理と色彩おもしろ事典―色が与える影響・効果から上手な色選びまで感想
紫は相反する性格が共存するアンビバレントな色で、分裂性性格者が選ぶ色という所にすごく納得した。分裂とまでとは言わないけど、自分の二面性に苦しみ始めてから紫が妙に気になる。性格構成の要素・反動形成など、本格的な心理学的な話も多く勉強になった。色のイメージや相性の解説もしっかりしていて、服やインテリアを選ぶ参考になりそう。
読了日:6月11日 著者:松岡武
非社交的社交性 大人になるということ (講談社現代新書)非社交的社交性 大人になるということ (講談社現代新書)感想
塾生のネジの飛び具合に思わずフッと笑ってしまう。漫画に出てくるような、エイリアンみたいな人って本当にいるんだなぁ…。傍から見ている分には面白いけど、同じ教室にはとてもいられない。だからといって、本の中で言われているような明るい瞳の善良な人間に交わろうとすると苦しい。自分の非社交的社交性(距離をもって付き合う道)を見つけていきたい。いっそのこと他人の目なんか気にする暇もないくらい、哲学にのめり込んでしまいたいと思った。
読了日:6月6日 著者:中島義道
日本一のクレーマー地帯で働く日本一の支配人―怒鳴られたら、やさしさを一つでも多く返すんです!―日本一のクレーマー地帯で働く日本一の支配人―怒鳴られたら、やさしさを一つでも多く返すんです!―感想
何か一つのことを貫き通せる人は強い。人を信じることが三輪さんの信念。他人が見ている以上に、自分自身が自分を見ているという考え方にハッとした。自画自賛によって周りに気を遣わせない所や、クレーム対応に嫌気が差さないようにする方法は勉強になった。こんな上司の下で働けたら幸せだろうな。
読了日:6月4日 著者:三輪康子
図説 着物の歴史 (ふくろうの本/日本の文化)図説 着物の歴史 (ふくろうの本/日本の文化)感想
半分くらいカラーページで、着物の写真も大きく見やすい。後半は各時代の装いや、髪飾り、素材や技法などの解説だった。着物についてほとんど何も知らないが、簡単な説明で分かりやすかった。
読了日:6月4日 著者:

読書メーター

6月の振り返りを明日か明後日位にできたらな…と思ってます。
それが終わったら7月の目標を決めてと。
月が替わる前にできるのが理想でしたが、
今日職場見学があり、緊張感であまり他のことがあまり手に付きませんでした^^;
やっと一息ついた感じです。

スポンサーサイト
comment (2) @ 読書
6月の振り返り | 第2125回「最近、泣いたことは?」

comment

Re: タイトルなし : 香奈 @-
こんにちは(^^)/
コメントありがとうございます!
サボった日もあったので、休みなく頑張れば15冊いけるかも…と欲が出てきてます(笑)
うーん、まだ絞ってないのですが、
今までの接客業の経験を活かせる仕事がいいなと考えてます。
職場見学は一人ひとりの志望職種に合わせてって感じで、すごくきめ細やかだと思いました^^
2016/07/03 Sun 15:02:30 URL
: ひーくん @-
こんばんは(^^)/
これだけの量を読むのはすごいですね(; ・`д・´)
香奈さんは就職するとしたらどんな職種にするんですか??
職場見学があるのはいいですね!
2016/07/02 Sat 23:32:02 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する