ありがとう、場面緘黙症。

01« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.»03

このページの記事一覧

緘黙の頃の思い出:ある日の食卓 

久しぶりに緘黙時代の事でも書こうかと…。

私は緘黙だった頃、父とも話ができませんでした。
幼稚園の時の話です。

朝食の時間、
私はコップに水をくみ、自分の席まで持っていこうとしていました。
その途中で、少し水がこぼれてしまったのです。

父が、「おい!」と言いました。

それだけで涙目です(笑)

押し黙って泣きそうな私を見て、
父が「えっ、今のでなんで泣くの?」みたいな反応をしていました。

父からしてみればちょっと注意しただけで、
怒ったつもりはなかったのかもしれません。

ですが幼い私にとってはすごく怖くて、
「怒られた、どうしよう」と感じたのだと思います。

大人になった今でもこの場面はすごく良く覚えていて、
自分が使っていたコップや食卓の風景を鮮明に思い出せます。

小さい頃はとにかく父が怖くて仕方なかったですね。
今は私も結構強くなって「イラッ」とする方向に変ってますが(笑)
こんなダメな娘でも見捨てないでくれているので、
「やっぱり親って偉大だな」と思います。感謝してもしきれません…。

スポンサーサイト

カテゴリ: 家族関係

[edit]

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tzn2.blog.fc2.com/tb.php/378-7b1d8ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)