緘黙からの成長

2016/04/25
だいぶ前の話ですが、すごく嬉しいことがありました。

習い事関係の新年会でのことです。
通っている教室の人だけでなく、
同じ流派の他の教室の人達と一緒に開かれます。

他の教室に昨年新しく入った高校生の子がいて、一緒に座ってあげて、
と先生に頼まれました。

その人のお母さんと私の母が知り合いだったのと、
私もまだ馴染み切れていないので、
反って有難いなと思い、「いいですよ!」と即答しました。

お稽古事でよく聞く話ですが、
長く続けている人同士でグループが出来上がっていて、
新しい人が「入る隙がない」と感じることもあります。
知り合いには、それで辞めてしまった人もいました…。

私が通っている教室では、
みなさん本当によく気遣ってくださって、孤立しないようしてくれます。
すごく温かくて恵まれているなぁと感じるのですが、
何せその人たちは先生と10年・20年というお付き合いだったりするので、
同じように踏み込んでいくのは難しいかなと思います。

そういう事情もあり、
新年会では新しく入った人の隣にいることで、
疎外感や孤独感を感じさせず、楽しんでもらえるように頑張ろう、と考えていました。

今でもまだ話すのは苦手です。
苦手なりに色々話しかけたり、「あなたはどうですか?」と振ってみたり、
ジュースを注いだりお料理を取り分けたり、できるだけのことはしました。


後日、その子のお母さんが私の母の職場(レストラン)に現れました。

「娘が、”香奈さんが色々話しかけてくれて嬉しかった”って、すごく喜んでた。
本当は行こうか迷っていたんだけど、
一緒の席にしてくれるって聞いて…出席してよかった」



と、わざわざお礼を言いに来てくれたそうです。

なんというか、
光が心からパァ~っと溢れてくるような気分でした。

過去を振り返ると、
自分は人の集まりでポツンとしてしまって、全然楽しめなかった記憶があります。
そんな緘黙時代の自分を助けてあげられた気分になったのかも。

気を遣われる側から、気遣いをする側になって、
人と一緒に楽しむことができる。

喋れるようになるまで、たくさん痛みはあったけど、頑張ってよかった!と思えたんです。
「話すことを諦めなくてよかった」と心から感じました。

スポンサーサイト
comment (0) @ 緘黙のその後
家庭崩壊の危機 | 拍手コメントお礼です

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する