FC2ブログ

ありがとう、場面緘黙症。

元場面緘黙症の社会人。たまに過去を振り返りながら、現在の生活を綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナフキンのように  

まともに更新もしないまま11月も半ばに…。
ツイッターを始めてから言いたいことを小出しで呟けるようになったので、
すっかり足が遠のいておりました。
でも私にとってはやっぱりブログが本拠地です!

さて、前の職場を辞めてから約2カ月になります。
辞める時、「遊びに来て下さいね~」と言われ、
「はい^^買い物に来ますね~」と答えました。
それで終わるつもりが、思わぬ変化球が来たのです。

「みんなそう言うけど、来てくれない人ばかりなんですよねぇ」

私も社交辞令のつもりでした。
だって~、まさか「嫌です」なんて言えないもの。

そもそも在職中あんなキツイ態度をとっておいて、
退職時だけ何もなかったような顔でよく言えるな?
私があなた方に負の感情を抱いていることくらい普通わかるよね?
わざわざ辞めた後に顔見に来ると思う?
絶対行かねーよバカ!!と心の中で毒づいていました。

でも心の中には、私の方こそバカだなと思ってしまうような虚栄心がありました。
他の人と一緒にされたくないという自意識。

そのせいで、何かを買いに行かなければ…とずっと気になっていたのです。

ある日、ネットサーフィンをしていたらスナフキンについての記事に目が留まりました。

『スナフキンは、行きたくない所には絶対に行かない。
もし彼があなたのところに来てくれるのならば、
それはあなたのことが好きだということ。』

ああそうだ、私はあの場所にはもう行きたくない。
あの人たちの顔はもう二度と見たくないんだ。

どう思われるかなんて関係ない!

私は心の赴くままに、行きたいところに行って、
いたいところにいるんだ!

そう思うと、すごく楽になってスッキリしました。

「こう思われたくない」と思って行動すると、
自分の心が見えにくくなって、
本当は何がしたいのかが分からなくなってしまうのだなぁ、と。

相手の要求とぶつかってしまったら難しいかもしれないけど、
今回みたいにひとり相撲してるなって時は、
思い切ってやりたいようにやっていきたいですね。
スポンサーサイト

10月に読んだ本まとめ  

読書メーター10月に読んだ本のまとめ。3冊!
前半は全然読んでいなくて、最後の週で一気に読破しました。

10月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:978
ナイス数:61

東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)感想
まるで長い時間の旅を一緒にしてきたような気分。夜光と飛車丸にグッときた。「夫婦にならないか?」と言いかけて、「なってくれないか?」と言い直す。飛車丸を庇って大けがをする。夜光は向日葵を咲かせて、春虎は雪を降らせようとした(シャボン玉になったけど)。ああ同じ魂なんだなぁと胸が熱くなる。夜光の人生を見ると同時に、これまでの東京レイヴンズの物語が一気に蘇ってくる感覚だった。あざのさんありがとう!
読了日:10月31日 著者:あざの 耕平
誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール感想
聞き上手には二種類ある。ひとつは自分が聞きたい情報を引き出す聞き上手。もうひとつは、相手を気持ちよく話しをさせる聞き上手。この本で目指しているのは後者。共感の言葉をかけて、話の方向性は勝手に決めないことが大事。沈黙は次の会話までの休憩時間、という言葉で気まずさが薄れた。
読了日:10月29日 著者:野口 敏
人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法感想
引っ越し前に出会いかった…!片付ける=物を捨てる=心が痛む、という思考回路だったけど、読んでいくうちに「物を大切にするために片付けるんだ」と思えるようになった。いらないものを選んで捨てるのではなくて、本当に好きなものと大切なものを残す。そうと分かれば潔く手放すことができた。あんなにギュウギュウだった本棚が一段空いて、とても心が軽い。
読了日:10月28日 著者:近藤麻理恵

読書メーター

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。