FC2ブログ

ありがとう、場面緘黙症。

元場面緘黙症の社会人。たまに過去を振り返りながら、現在の生活を綴っています。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月に読んだ本まとめ  

早いもので12月ですね。
今年は本当に落ち着かなくて、
まさか1年で3回仕事を変えるとは思いませんでした。
でもわたし、1年で7回転職した人を知ってる…。
それだけの会社に入れるのが逆にスゴイと思った。

さて、11月に読んだ本のまとめです。

11月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1253
ナイス数:91

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている感想
成功するには良い環境・指導役のような成長機会が必要で、「なんかスゴそう」と思われる人ほどチャンスを掴みやすい。『錯覚資産→環境→実力→成果→錯覚資産』の流れでどんどん実力を伸ばしていくことになる。但し、与えられた機会を活かすためにはスキルアップも怠るべからず。人間は無意識のうちに好き嫌いで対象の価値を捏造し、それを信じてしまう、というのがよく分かった。私はどこまでこの錯覚から抜け出し、逆に利用することができるだろうか?正直なところ自信はないけれど、周りの人や自分の判断を注意深く見ていきたいと思う。
読了日:11月26日 著者:ふろむだ
和解 (新潮文庫)和解 (新潮文庫)感想
「自分だけが水に滴らされた油のような気がした」。同じような気分になったことがある。実の親と対立すると、他の人にも交われないとなぜだか思い、強い孤独を感じるもの。順吉が父に和解を申し入れて、それを受けた父は心の内を話す途中で泣き出し、言葉が続かなくなる。順吉も泣き、叔父も泣く。すーっと水に馴染むように、家族の輪に戻っていく。「東西南北帰去来夜深同見千岩雪」の締めくくりが長年の反発を終え、生まれた場所に帰る安心感をよく表していると思った。
読了日:11月25日 著者:志賀 直哉
わたしが棄てた女 (講談社文庫)わたしが棄てた女 (講談社文庫)感想
ゆずるな、ゆずるな、今回だけは。御殿場に向かうミツにそう念じた。しかし、ミツの根本的な性質として自己犠牲的な親切心があった。損をする、利用される、バカにされる。そんな惨めさとの葛藤により他人に手を差し伸べられないことが、彼女にとっては何よりもつらくて、自分が自分ではなくなることだったのかもしれない。ミツは疲れ果てながらも、心の赴くままに行動したのではなかろうか?そこには見返りも誉れもない。『沈黙』の「なすことをなせ」という声が蘇ってくる。
読了日:11月21日 著者:遠藤 周作
対人関係の傷みを癒す対人関係の傷みを癒す感想
「わからないことが気軽に質問できない」「他の人みたいに『ふわっ』と話しかけたい」。帯に飾られていた言葉を無視できずに購入。クライアントとして出てくるK子さんの境遇が自分に似ていてとても共感した。自分は邪魔な存在だという気持ちが潜在的にあるから、人に対して常に一歩引いてしまうのだ。もやもやしていたことが言語化されていて、ああ私はこういうことで苦しんでいたのだな、と分かった。
読了日:11月19日 著者:外川智子
「やさしさ」と「冷たさ」の心理―自分の成長に“大切な人”を間違えるな (PHP文庫)「やさしさ」と「冷たさ」の心理―自分の成長に“大切な人”を間違えるな (PHP文庫)感想
人以上に真面目に、人以上に勤勉にしていなければ人と同じ好意は得られない、という思い込みに共感した。甘えの欲求の次はひとりになりたい欲求がきて、どちらも満たされていないとひねくれるとの記述が印象に残った。今の私はひとりになりたいんじゃないかとふと気付く。人間関係偏重の現代社会でひとりになってバカにされるのが怖かった。でも素直になってしんみりとひとりを堪能している。とても落ち着く。
読了日:11月12日 著者:加藤 諦三
「イヤ!」と言ってもこじれない、嫌われない! ちょうどいい「言い回し」と「振る舞い」「イヤ!」と言ってもこじれない、嫌われない! ちょうどいい「言い回し」と「振る舞い」感想
優しい語り方が好き。内容は基本的なもので、断るときは感謝+事情+代替案。興味のないことに誘われたとき、興味のなさを笑える表現で伝えつつ(寝てしまうとか)、人の話を聞くのは好きだから今度感想を聞かせて、と一言添える方法は使えそう。「なんでもいい」人は大事にされず、好きなものをアピールできる人は大事にされる。そうだよね、好きなものが分かっていればその人の喜ぶ顔が頭に浮かぶもの…。いい本なんだけど、最後に誤植があり本来言いたいことと文が正反対の意味になっているのが残念。
読了日:11月11日 著者:菊地 麻衣子

読書メーター


1カ月で6冊読んだのなんて何カ月ぶりだろう…嬉しい。

スポンサーサイト

スナフキンのように  

まともに更新もしないまま11月も半ばに…。
ツイッターを始めてから言いたいことを小出しで呟けるようになったので、
すっかり足が遠のいておりました。
でも私にとってはやっぱりブログが本拠地です!

さて、前の職場を辞めてから約2カ月になります。
辞める時、「遊びに来て下さいね~」と言われ、
「はい^^買い物に来ますね~」と答えました。
それで終わるつもりが、思わぬ変化球が来たのです。

「みんなそう言うけど、来てくれない人ばかりなんですよねぇ」

私も社交辞令のつもりでした。
だって~、まさか「嫌です」なんて言えないもの。

そもそも在職中あんなキツイ態度をとっておいて、
退職時だけ何もなかったような顔でよく言えるな?
私があなた方に負の感情を抱いていることくらい普通わかるよね?
わざわざ辞めた後に顔見に来ると思う?
絶対行かねーよバカ!!と心の中で毒づいていました。

でも心の中には、私の方こそバカだなと思ってしまうような虚栄心がありました。
他の人と一緒にされたくないという自意識。

そのせいで、何かを買いに行かなければ…とずっと気になっていたのです。

ある日、ネットサーフィンをしていたらスナフキンについての記事に目が留まりました。

『スナフキンは、行きたくない所には絶対に行かない。
もし彼があなたのところに来てくれるのならば、
それはあなたのことが好きだということ。』

ああそうだ、私はあの場所にはもう行きたくない。
あの人たちの顔はもう二度と見たくないんだ。

どう思われるかなんて関係ない!

私は心の赴くままに、行きたいところに行って、
いたいところにいるんだ!

そう思うと、すごく楽になってスッキリしました。

「こう思われたくない」と思って行動すると、
自分の心が見えにくくなって、
本当は何がしたいのかが分からなくなってしまうのだなぁ、と。

相手の要求とぶつかってしまったら難しいかもしれないけど、
今回みたいにひとり相撲してるなって時は、
思い切ってやりたいようにやっていきたいですね。

10月に読んだ本まとめ  

読書メーター10月に読んだ本のまとめ。3冊!
前半は全然読んでいなくて、最後の週で一気に読破しました。

10月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:978
ナイス数:61

東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)東京レイヴンズ16 [RE]incarnation (ファンタジア文庫)感想
まるで長い時間の旅を一緒にしてきたような気分。夜光と飛車丸にグッときた。「夫婦にならないか?」と言いかけて、「なってくれないか?」と言い直す。飛車丸を庇って大けがをする。夜光は向日葵を咲かせて、春虎は雪を降らせようとした(シャボン玉になったけど)。ああ同じ魂なんだなぁと胸が熱くなる。夜光の人生を見ると同時に、これまでの東京レイヴンズの物語が一気に蘇ってくる感覚だった。あざのさんありがとう!
読了日:10月31日 著者:あざの 耕平
誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール感想
聞き上手には二種類ある。ひとつは自分が聞きたい情報を引き出す聞き上手。もうひとつは、相手を気持ちよく話しをさせる聞き上手。この本で目指しているのは後者。共感の言葉をかけて、話の方向性は勝手に決めないことが大事。沈黙は次の会話までの休憩時間、という言葉で気まずさが薄れた。
読了日:10月29日 著者:野口 敏
人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法感想
引っ越し前に出会いかった…!片付ける=物を捨てる=心が痛む、という思考回路だったけど、読んでいくうちに「物を大切にするために片付けるんだ」と思えるようになった。いらないものを選んで捨てるのではなくて、本当に好きなものと大切なものを残す。そうと分かれば潔く手放すことができた。あんなにギュウギュウだった本棚が一段空いて、とても心が軽い。
読了日:10月28日 著者:近藤麻理恵

読書メーター

twitter始めました  

かなり今更ですがツイッター始めました↓
twitter:香奈@curcumafolia

始めた理由はなんとなくです。
気の向いた時にポロッと呟ける場所がほしかったのかもしれません。

今は緘黙メインのアカウントですが、
慣れてきたら趣味のアカウントと分けようかとも思ってます。

身体が記憶するトラウマ-首が締め付けられる感覚  

突然ですが、ネックレスが苦手です。気持ち悪くなっちゃう。

23歳頃からでしょうか…。
ネックレスをすると苦しくなる体質になりました。

最初は金属アレルギーかと思っていたのですが、
タートルネック、マフラー・ストール、そして襟のあるシャツ…。
他の首に触れるものも徐々にダメになっていきました。
どんなに軽いネックレスでも、
1時間もつけていれば吐き気に襲われます。

最近特に気になって調べてみると、
赤ちゃんの頃にへその緒が首に絡まっていたり、
ふざけてでも首を絞められた経験があると、
タートルネックやネックレスなどが苦手になる場合があるようです。

実は幼い頃、母にふざけて首を絞められたことがあります。
これは本当に悪気はなくて、ドラマの真似をした遊びでした。
でも子供にとって大人の力はすごく強くて、
わかってはいても軽く恐怖を感じました。

もしこれが本当に原因になっていたとしても、
母を責めるつもりは全くないんですけどね。
自分でそれ以上のことをやらかしているのですから…。

今だから書けることですが、
中学生の頃、首を吊ろうとして失敗しました。
自傷行為で、自分で自分の首を絞めたりもしていました。(比喩ではない)

以前かかっていた心理カウンセラーさんの話によると、
1カ月・1年・10年の区切りでトラウマが表面化し、
精神的・身体的不調をもたらすそうです。

23歳の10年前は13歳。
私が失敗した時期とちょうどかぶります。
だからたぶん、母のおふざけがというよりも、
自分で蒔いた種ですね!

私の中では終わったことになっていたんですけど、
それくらい、首がどうにかなるっていうのは、
人間の生命にとって物凄い危機で、恐怖なのだと思います。

これだけああかもしれないこうかもしれないと考えておいて、
「太ったから」だったらどうしよう~。

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。